特集な技術職|アイダ設計を利用する|欠陥住宅ではなく住み良い家造り

アイダ設計を利用する|欠陥住宅ではなく住み良い家造り

女性

特集な技術職

レディ

神社や寺院の建築費や修繕費の金額の傾向

神社や寺院などの建築や修理を行うには、特殊な専門的な技能が必要になります。そのような特殊な技能を持っている職人のことを宮大工といいます。宮大工に仕事を依頼した時の工事代は、個別性が極めて強く、寺院や神社によって大きな違いがあります。宮大工の工事代は、歴史のある神社や寺院ほど高くなる傾向があります。国宝や重要文化財の指定を受けている神社や寺院の場合は、工事代はかなり高額になります。宮大工の中には、神社や寺院の建築だけでなく、注文住宅の建築を行っている職人もいます。宮大工に注文住宅を建築してもらうと、非常に品質が優れた戸建て住宅を建築することができます。その場合の工事代は、普通の職人に依頼するよりも高額になります。

日本では飛鳥時代や奈良時代の頃から、寺院や神社の建築は専門の宮大工が行っていました。宮大工の技能は代々受け継がれ、現在にまで至っています。日本には数多くの神社や寺院がありますが、これらは全て宮大工が建築したものです。日本では第二次世界大戦時には、空襲によって多くの神社や寺院が焼失しました。昭和30年代になると、戦災で焼失した神社や寺院を再建するケースが増え、宮大工の仕事量は増大しました。昭和30年代から40年代にかけては、日本では数多くの新興宗教が誕生し、新興宗教の宗教施設の建造を宮大工に依頼するケースが増えました。傷んだ神社や寺院の修復の仕事も増加し、注文住宅の建築を行うケースも増えていきました。